スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなん観ました 4

攻殻機動隊S.A.C SSS 3D
もう、何度も観ているからいいだろう?とMに突っ込まれたが、
どうしても、どーーーしても3Dで観たかった。
電脳世界をよりリアルに見てみたかったのだ。
ま、すぐに「おおおおおっ!」という感激は薄れたが(笑)、
劇場で観てよかった。
「タチコマな日々」完全新作エピソードも観られたし♬
「分子レベルで世界を再構築出来る技術を使って・・・云々」と
妄想するタチコマ、相変わらず可愛いやつというか、なんというか。



ピンポン
公開当時に、ちゃんと映画館で観た。
当時は、映画自体も面白くて好きだったけど、
(竹中直人や夏木マリはさすが!だし、
窪塚洋介は今も名前以外知らないし、当時は更に知らなかったが、面白い役者だな、と思った)
何より音楽が好くて、忘れられなかった映画のひとつ。
それが、久しぶりにCSで放送されたので、観る。
やっぱり、音楽が好いなぁ。。。と思い、
9年経ってようやくサントラを購入(苦笑)。
Aさんからは「古臭い」と言われたけど、好きだな。
(私は古い・新しいで選択する価値観を持ち合わせていないし。)
やっぱり、SUPERCARは、好きだ。
砂原良徳も、BOOM BOOM SATELLITESも好いけど。  


GHOST IN THE SHELL 1.0
1995年に劇場公開されたもの。
先に20098年に公開されたリニューアル版を観ていたので、
映像がとてもアナログにみえてしまった。
しかし、人形使いの声は家弓家正さんの方もまた、好い。
榊原良子さんも、ゾクゾクしたけど。


鬼平犯科長スペシャル 一寸の虫
もともと、実の兄が(確か)池波正太郎の小説を読んでいて
連続テレビドラマを観るようになり
私も便乗して観るようになった。
といっても、私は連続テレビドラマは観ていなかった
(実兄と同じ番組を見るのが、本気で厭だった)。
スペシャル番組のみ。
番組開始から、今回死ぬのは仁三郎か・・・と判ったが、
観るうちに、生かしておいて欲しいなぁと、つよく思った。
死ぬことで切なさを大きく表現するのではなく、
生かす事でさらに切なくなる結末にして欲しかったなぁと。


メンタリスト
面白い。
シーズン2も今月から始まるので楽しみ。
私は字幕ではなく、吹き替えで観ているが、
声優さんもイメージにほぼ合っていて、違和感が無い気がする。
ミディアム、Dr.HOUSE、に続いて見続けている。
4番手に
フリンジ、5番手にクリミナルマインド、かなぁ。


BOSS 2
まだ3話目までしか観てないけど。
つまらない。
「離婚弁護士」の時もそうだったけど、
2ndは途端にふざけすぎて、すっげぇつまらなくなる。
もったいない。
が、1,2話目の伏線の辻褄が合ってくると面白くなるかもしれない。








サントラを購入しないわけ。

映画やドラマで好いな、と思ってサントラを聴いても、
9割の確率で「たいくつ」だと感じる事が多い。
特に、「ピンポン」のように複数のアーティストが音楽を提供されている場合を除くと、
9.5割の確率でしっくりこない。
なぜかと言うと、「映像とセットではないから」なんだな。
そのシーンをさらに効果的にするための音楽は、
単品で聴いても、私にとってはつまらない。
音楽を聴きながら、特定のシーンを反芻する事が出来ない私には、特にそうだ。
ちなみに、自分で購入したサントラは2枚目。
1枚目は「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」 (^^;)

悪くはないけど、通しで2回しか聴いていない(苦笑)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

 
あちらにコメントしたこの映画。
どの部分が自分に響くかひびかないか。
おいらは署長夫妻のありかただったりして。
あっち こっち 結構好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=k-Nytfrcqns
Police Python 357 (1976) Trailer

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。