スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぁ〜〜。

ホント、こっち側にも落ち度が在るってことは、
重々承知しているのだけれど。
それでもやっぱり、朝一でイラっとした

しかし。
ちょびっと毒づいた後で、
「ああ、この人は、そんなつもりで全員に送信したわけぢゃ、ないんだよな」
と気付き、
はぁ〜〜〜。。。なんだか、なぁ・・・と、自分にうなだれてしまった



朝一ですることはメールのチェック。
そのなかに、支店全員への一斉送信で
「昼間の電話応対がなっていないために、S(企業名)に出入り禁止になる所だった。気をつけろ」。

なんだと、このどアホっ!
と、PCの前で毒づいたのは、私だけでではなかったはずだ(と、信じたい)。

だいたい、同じ社名で全くの別会社が同じ場所に出入りしているのだから、
Sが、連絡先を間違えたことも充分にある。
っつーか、てめぇんとこの取引先は、普段から間違い電話がとても多いんだよっ!。
そのことからして、Sが連絡先を間違えた可能性は、ひじょうに高い。
っつーか、間違えただろ。
自社製品で即刻「取り扱っていない」なんて断言出来る人間が電話を取るなんて、
現状、この会社では有り得ない(情けないことだが)。

電話応対する側ばかりに責任を押し付けるのは、止めてくれ。
もう、うんざりだ。
アンタが率先して電話を取るようになってから、文句を言ってくれ。
だいたい、Sに当社の連絡先を徹底的にアナウンスしていない、アンタのミスだろ。
それらを押し付けるな、マヌケ。
そんなんだから、いつまでたっても、フィールドワークしか与えられないんだよ。
ちったぁ自覚しろ、アホ。

なんて、あいつらの愚痴を言った後に、気付いたのだった。
もっと早く気付けよ、自分。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。