FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波紋

「○の状態の人が一人いれば、そこから人々は変わって行く。
まるで、1粒の雫が水面に波紋を広げるように。」

ということを、ERやWSで何度か聞いたが、
あることをきっかけに
その意味が、ようやく解った気がする。

但し、その人が、「ただ居るだけ」でいいのではなく、
その人に関わり続けることで、
本当に微しずつ変わっていく。

そして、類は類を呼ぶように、
その人と関るきっかけが易く掴める人と、
そうでない人がいる。
でも、水面の波紋が思いのほか遠くまでその形を保つように、
その人に関わる人々の影響で、いずれ(さらに微しずつ)変わっていく。
直接関わるよりも、その変化の力は弱まるけれど。

一方で、その人と関わっても反発する人は、もちろんいる。
反発する人は、概して少なくないだろうな、と思う。










3人の方から
自分の将来のことで同じことを言われた意味が、
ようやく解った、ような...気もする。

私は、単にしぶといのではなく、
そうせざるを得ないのだ。

と、気付いたとき、
悲しいとか寂しいとか、そんな感情ではなく
荒野に独りで立っているような、
それでいて、胸がしんと鎮まるような、
なんともいえない状態で朝を迎えた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 
悶々ジャーさん、コメントありがとうございます。

> いわゆるバタフライ理論でしょうか?
> ちょっと違うのかな?w
どうなんでしょう?
意識上のバタフライ効果?
…やっぱり、違いますかねぇ…。

> それにしてもシータのセリフ、久しぶりに思い出していいなあと思いました(●^o^●)
このセリフ、個人的に印象深いですi-179
いわゆるバタフライ理論でしょうか?

ちょっと違うのかな?w

それにしてもシータのセリフ、久しぶりに思い出していいなあと思いました(●^o^●)
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。