スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chichen Itza 4

セノテまで行ってみる。

IMAG0225.jpg   すごい色の泉だ。
私はここで生贄にされたくないな。せめて、殺してから投げ込んで欲しい(笑)。

生贄が投下されたといわれる、祭壇跡 IMAG0229.jpg 
ここもロープが張ってあり、これ以上は立入り禁止。

そして、イグアナ。 IMAG0198.jpg 何故か同じようなアングルばかりだな。

いよいよ、座ってゆっくり休みたくなったのと
翌日のバスの時刻を確認するため、メインゲートまで行ってみる。
IMAG0232.jpg こんな感じ。ウシュマルもこんな造りだった。

日陰の場所にあるベンチは、やはり人がいっぱいで、座る場所を確保するのも難しい。
何とか隙を見て座り込み、売店でAさんにお昼を買ってきてもらう。
選択肢は、さほどない(インスタントや乾きものが多い)。
左は私のカルツォーネ(だって、そう言ってたもん)、40ペソ。
具はチキンとホワイトソース..みたいなやつ(笑)。
右はAさんのナチョス。チーズソース付(左上)、35ペソ。すごい量だよ.....。
またこのチーズが、大味な上に、とてつもなく量が多い(すぐに飽きる)。
ナチョスはプレーン。下手すると、ナチョスだけで食べた方が美味いかも(笑)。
IMAG0230.jpg    IMAG0231.jpg
こんなに暑くては、新鮮なものを保存するだけで、コストがかかるんだろうな。
そして、ほとんどの人は炭酸ジュースかビールを呑んでいた。

中庭を囲むように、シルバーアクセサリーや工芸品のお店がある。
露店より高価、品質も多少は良いのかも。
ピアスが欲しいと思っていたのでお店に入ったが、これだ!と感じるものが無かった。

閉場前に未だ見ていない遺跡を見るためにも、
この後、一旦ホテルで休憩。
やはり、ほぼ遺跡内にあると言っても良いこのホテルは、こういうとき便利だ。IMAG0390.jpg

部屋に入るとクーラーがガンガンに効いていて、涼しい〜。
寒くなるからすぐに止めたけど(笑)。
そして、しばし午睡。
.....贅沢だなぁ〜。。。


*ホテルで昼食にすれば良いのに...と思うだろうが、
ガッツリ系(多分)の上に高価(なにしろ、水500mlが30ペソ/本!!)なので、止めたのだ。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。