スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXCEL浜松

先日、神戸新聞杯の日曜日に、
初めてJRA場外馬券場なるものに、行ってきました。
しかも、有料定員制!!!
B席1000円!
A席1500円!!
S席2500円!!!
指定G1レースは別料金!!!!
いったい、どんなゴージャスな馬券売場なのか?
ワクワクしながら入ってみました。
事前情報では、緑茶以外は有料、お弁当はCP高し、食事する場所は無しとの事なので
先ずは、入り口の天神屋売店でお弁当を購入。
エスカレーターで4階まで移動....長いよ。
せめて、3階付近に、ドトールくらいのカフェがあると良いなぁ。
それと、丸亀うどんがあると なお お財布に優しくて美味しくて、嬉しいのに...。
などと考えながら、4階に到着すると、
新築だから綺麗だし、お姉さん方もきっちりとした制服をきっちりと着こなして
厭味無く客をさばいているし、好印象!!

フロア利用券を購入する際は、好きな席を選べるのもGood!!
モニタの真下では見難いし、離れていても馬の気配が判らんし(←もともと判らないけど)。
絶妙な場所を窓口のお姉さんにアドバイスしてもらい、フロアへ。
と思ったら、手の甲にスタンプ。
外出する人もいるだろうから、ね。

やっとフロアに入ると、やっぱり新しい故の清潔さ、明るさって好いなと思う。
肝心な人の入りは.....私たちが入場した時点でギリギリ5割...くらい?
昼過ぎてようやく7割...くらいかな?

全体の雰囲気は、多少殺伐としているけれども、
競馬場程ではない。
馬券票が散らばっていたり、外れ馬券があちこちに散乱していたり、
鉛筆がゴロゴロしていたり、地べたに座り込んで飲み食いしている輩もいないし、
モニタ越しに罵声を浴びせていたり、これ見よがしに嬉声を発している人もいないし、
で、全体的にギャンブル場としては、洗練されている方だと思います、未だ、ね。
これから内装が汚れて行くにつれ、どう荒んで行くのかは、未だ、不明。
それは、浜松の人がどれだけ高い意識を持っているかに因る、からなぁ。

そうそう。
小さく、だけど思いっきりガッツポーズをしているおじさまもいました。
一人で新聞を解析し、パドックを見定め、
これだ!と感じたお馬さんに突っ込んだのが当たったのでしょう。
結構なレース数、勝ち星を挙げていた
(モニタを食い入るように眺め、ガッツポーズを繰り返していた)おじさま、
ぜひとも私に馬券術を伝授してください。

私の場合、狙った馬がせっかく3着まで入るのに、
なぜか馬券に絡まない(買い方が悪い)ので、
結局外れてしまうのだ(払い戻し無し).....。

でも、いいのだ!!
トリガミだろうが、赤字だろうが、
全ての人馬が 怪我無く事故無く病気無く、戻ってきてくれれば、全く問題ない。
だって、1レース4桁以上は絶対賭けないし
っつーか、1レース3桁前半以下しか賭けないので、
大損は(今の所)無いのである。
目指せ!!1000万馬券!!!

....というわけで、秋の重賞レースが楽しみになってきました。
中京開催が無い今こそ、EXCEL浜松に行きましょう
今ならお友達1名無料券、もらえる(かも)よ?!


フ?ロート?アヒ?子登場
ブロードピーク
今月半ばに、勝ち星を挙げたとも!!








関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。