スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯船の中で





所有するものは 全て
いつか 必ず 
手放すときが来る。




















湯船に浸りながら、ある状況を考えていた時に浮かんだ言葉。


もの.....、
モノ.....?

「物」だけぢゃ、ないよな?。




「所有する 所有している、もの ー経験さえもー 全て」、
その身に刻印したもの以外、
手放すときが必ず来る。
そしてそれは、
そう遠い未来ではない。


人間数十年やっているが、
いったい何を
刻印することができたのだろうか?
これから何を、刻印できるのか?







..........と、問われても.......
湯船で、う〜〜ん...と唸ってしまった



関連記事
スポンサーサイト

コメント

 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。