スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなん観ました 10

「崖っぷちの男」
映画1000円の日で、でも特別観たい映画も無くて、ヘルタースケルターと迷ってこちらを選択。
設定はわりとありがちだけど、なかなか楽しめた。
家族ぐるみで計画を実行していたところが、なんだかほのぼの...(いや、ちょっと違う)。
親友が助けてくれた事も、私としては救いになった。

最近気になっているのは
トガニ 幼き瞳の告発
韓流には全く興味がない(むしろ鬱陶しい・苦笑)が、
これは目に留まってしまった。
こういう題材は吐き気がするくらい厭なのだが、
だからこそ、目を背けてはならないな、とも思う。
見たくないものや恐怖から目を逸らしていては、
濁っていく感じがするので。
とはいっても、この辺での上映は無いので、観る機会はないかな。
それに。
なんとなく、「過剰過ぎるくらいの」演出というか迫力がありそうなので、
やはり、積極的に観たい映画ではないというのが本音かも(^^;


「BEDLAM」
つい先日、1話目を観た。
イギリス特有?の重たい雰囲気、暗めの画像
バター臭い(笑)質感がバシバシ伝わってくる。

まぁ、こういう設定の話なので、
当然といえば当然なのだが、
最初から突っ込みどころがありすぎる(笑)。
元精神病院(しかも、院長が患者を虐待していた!!)を
高級マンションにするなんて、
さすがイギリス!(笑)。
新しいものより伝統を重んじる国民性のため(?)か、
違和感が感じられないところが、うはははは。

冒頭、主人公のケイトのお父さんが、
「壁に塗り込まれていた」という指輪を娘に贈るところからして、
この親父、狂ってる....という印象が否めない(笑)。
それを平然と受取る娘も娘なら、譲り受けた従姉妹も従姉妹だよ(笑)。
ネックレスとしてまで身に付けるものか?
うはははは、笑える。
しかし、ケイトから身を守れとメッセージが送られたのに、戻るジェド。
侠気を見せるのだろうか。
ホラー系は苦手なのだが、観続けてみようかな、と思う。

話は逸れるが。
そういえば、レディオヘッド(初期)やオアシスetc.etc.のUK音楽も、
霧深い空気感というか、どんよりとした灰色の空のような、
湿度があるほの暗さ...哀愁というか...を感じる。
その質感も私は好きだな。
アメリカはどちらかと言うと、
乾燥した、陽射しがキツイ故の哀愁、みたいな。
どこかカラッと突き抜けてる暗さ。
土地の影響もあるのかもしれない。

欧米のサウンドって、凄くバター臭い感じがする(笑)。
日本のロックサウンド(←笑)が菜種油か豆乳なら、
欧米のそれはバター、もしくは生クリーム。それか、黴系のチーズ(笑)。
独特の濃さがある気がして、それはきっと
ご先祖様から続く血脈のような気がする。
あと、やはり、体を作る食べ物の影響もあるのかも??



「メンタリスト 3」
ようやく、シーズン3です。
好きなので、録画を溜めては、まとめて観ている(笑)。
やっぱり、レッドジョンに絡むと面白い。
彼に直接の影響を受けた人間は、必ずサイコパスになるor死ぬか?
クリスティーナも、肉体はあっても、既に死んでいたし。
あの後、どうなっているんだろう?

「クリミナルマインド 3」
まぁ、なんとなく(笑)。
 

「エウレカセブンAO」
やっぱり、途中からエウレカが登場。
で、やっと物語に面白みが出てきたかな〜。
「エウレカセブン」の方が、ダントツに面白い。


「夏雪ランデブー」
なかなか、おもしろいと思う。
というか、こういうのをアニメにするんだ〜って感じ。


「もやしもん リターンズ」
前作を観ていなかったので、なんとも...。
「はぜるぞ〜〜っ!!」「お〜〜っ!!」のノリが
なんとなくタチコマっぽい....ような....。


「ヨルムンガンド」
バルメみたいな強さにも憧れるが、
レームの飄々としているところがすごく好き(笑)。
それでいて百戦錬磨、隙がないところもカッコいい。
奥さんと離婚・結婚を繰り返しているのも、いい(笑)。
奥さんのチェキータさんも、魅力的(笑)。
主人公のヨナも、「行動力があって優しくて...本当にいい男」(たぶん・バルメ談)
シリアスなのにコミカルも入っていて、好きです。
10月から2期が放送されるので、楽しみだよん。
そうそう、OPの曲が個人的に良かった。
アニメに使用される曲で好きなのは
巧殻機動隊とカウボーイビバップ、
東のエデン(オアシス!)、つり球くらいだったけど、
この曲も好き。但し、映像とセットで。


「つり球」
もう終わってるけど(笑)。
軽く観れた青春ものですな。
OPが良かった。フジファブリック。


「坂道のアポロン」
見逃した。
ちょっと悔しい。


「妖狐×僕SS」
絵は私好みではないが、主人公・凛々蝶の気持ちというか
心がね....純粋なもので。
ついつい、観てしまった。
このアニメはEDを登場人物が持ち回りで担当していた...(多分)
ので、各登場人物の個性を感じる曲が、単におもしろかった。
OPはまったく興味なし。

そういえば、日本のドラマは何も観ていないな...。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。