スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなん観ました 14


2013年初っぱなに観たのは
青の祓魔師
予告編をCMで見かけてから、
物語より映像が綺麗だな〜というのと、街の風景や祭の船が気に入って観に行った。
感想は、やっぱり映像が好き。綺麗だし、色の使い方も嫌みになってなくて。
物語は....まぁ、なんというか(笑)。
特に響くモノはなく...というか、これが所謂ジャンプ的というものなのかな、と。


LOOPER
評判が良かったから観に行ってみた。
なんとなく、私好みの臭いもあるし(笑)。
実写の戦闘シーンって、苦手なのだけれど
ブルース・ウィルスのドンパチシーンは、久しぶりにきちんと観れた。
で、物語はというと。
なんか、本筋ではないような違和感が残った。
強力なサイコキネシスを持った子供が成長した上での、
過去の物語、というような。
本筋ではなく、スピンオフ?みたいな。
あの子供の成長した物語が在って、初めて成り立つような感じ。
最後、自分を始末することで
子供とある世界の未来をかえた「かも」しれないけど、
実際はどうなのか判らない。
もしかしたら、別の道を辿ってレインメーカーに成るのかもしれないし
母親の愛を飲み込んで、全く別の者に成るのかもしれない。
が。
まぁ、あの子供を観ていると、
いとも容易にレインメーカーへの道に辿りそうな性質だと思う。
母親をどこまで信頼出来るのか、どの程度あの母親が子供の枷と成り得るのかによるけれど。


「機動戦士Zガンダム」
何十年ぶりかに、改めて観てみる。
やっぱり、おもしろいな〜と。
シャアって、やっぱり人々を牽引していかざるを得ない性質なんだな〜。
そこがアムロと全然異う。
ライバル同士なのに、立ち場は異なるんだね〜。
キュベレイが!!!
キュベレイが好い!!


さらいや五葉
好いです。
キャストも渋くて、巧いし。
滲み出る雰囲気が、物語に一層深みを持たせてる気がする。
櫻井氏の声、こんなに良かったか?と思えたほど(笑)。
小野ナツメの作品は食わず嫌いだったけど
(多田由美のほうが好きという、ヘンな食わず嫌い)
他の作品を単行本で読んでみようかな...と思った。


THE UNLIMITED 兵部京介
絶対可憐チルドレンなんて、読んだことも観たことも無く、
全く白紙の状態で観た。
なんというか、これって、
絶対可憐チルドレンを読んでいる(観ている)ことが当然、のような進め方。
ま、人物関係はともかく、状況は判るから良いんだけど。
違和感があったな、第一話は。


たまこまーけっと
ほのぼのしていて、好きだわ(笑)
当たり障り無く、下手すると退屈にもなりそうな展開だけど
どこかしらにいい感じのスパイスが効いていて
素直に「あははははっ!」と笑っちゃう。
殊に、デラ(鳥)ちゃんが、好い。
あの立ち居振る舞い、話し方とぴったんこで笑っちゃう。
デラちゃんの絡みを増やして欲しい
山崎さん、すごいな〜。
小野大輔さんのオネェ声にはちょっと....だけど(笑)。
ドラえもんやサザエさんやちびまる子ちゃんは見たことなかったけど
(ちびまる子ちゃんは、ごく初期の頃に単行本で読んでいた)、
こういう、お茶の間系のアニメも好いもんですな。


まほろ駅前番外地
映画を観てないと、二人の絆とか葛藤とか、よく判らないかも。
でも、気怠そうな雰囲気の中に大事なこととがあったりして、
久しぶりの日本ドラマ。
映画、観たいなぁ。
深夜枠で放送してくれないかな。


プラテネス
なんとなく(笑)。
3話から見始めたので、どうだろう...。
8話まで見たけれど、特にどうということもなく...(苦笑)。
なんかね、普通の日常がそのまんま描かれていても、
別段なんの感慨も無いかな、って(笑)。
と思いつつ9話目でぐっと来た(笑)。
ギガルトの主義思想が、なんだか好いなぁと。
で。
ハリー・ローランドのときも、あああああ...と思ったが、
ギガルトのときはさらにぐっと来た。
人は短命で死んで逝く。
が、その志を受け継いだ者たちが未来へと進んでいく。
志を受け継ぎ、託す者がいる限り、存在は永遠なのだ...多分。


来週からグイン・サーガが放送されるので、そちらも見てみる。
貯め録りしているドラマは
例の如く
「ミディアム6」
「Dr.HOUSE7」
「ヘイヴン3」
「フリンジ3」
まったくの手つかず...。
でも、楽しみ。
「とある飛行士の追憶」
「ガンダムUC エピソード1〜4」
これ↑は、今月末当たりに5が放映されるので、それを録画してから一挙見の予定
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。