スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発売まだかな〜


PSYCHO-PASSの2期オープニングが
カウボーイ・ビバップみたいだ....と思いつつ
ようやくマトモな選曲だな...と観ていたら、
やっぱりNothing's carved in stoneだった。
妙にベースが耳に残るな〜と思った(笑)。

どれどれ、早速PV観ようと検索かけたら、これ↓が!!

  リンク切れのため削除



いやぁ〜、イントロもカッコいいけど、
中盤以降、ラストまでがすごく好い(笑)。
そういや、塔の最上階で素手で闘りあうシーン、
あれってカウボーイ・ビバップの劇場版を憶い出した。
銃器で(稚拙な)ドンパチやるより、迫力あって良いかも。

エンディングは相変わらず、ちょっと....の選曲だけど
(あの女性ヴォーカル、ちょっと厭味だな...と)。




あ、プラネテス
すごくおもしろい!!
もうね、11話が。
これはね、号泣しました。
いや、マジで。マジで号泣。
なんの期待もせずに観ていた分、持っていかれた。
録画削除なんて出来ないわ。強烈すぎて。
私も「貴族にはなれない」側でいたい。
でも、恵まれすぎていて、見えないモノが多すぎる。
この回から、話がぐぅ〜んと変わっていった気がするな。

22話でギガルト先生は亡くなってしまったし(泣)。
でも、ロックスミスがいいキャラクターなので、頑張る(何を?)。
「地球で死んじゃうような人は要らないよ」とか
「私もエゴイストだ!」なんて、好いなぁ(笑)。
なんてたって石塚運昇さんだし!!

ハチマキが自分の分身とケンカしてるのを見ると
「彼を受け入れないと闘いは終わらないのに...」
な〜んて思ってしまう。

『特にどうということもなく...』なんて、撤回します。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。