スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summer Sonic Osaka2013!!

2013.8.10~2013.8.11
大阪は舞洲で行われたSummerSonicに行ってきた。

初めての夏フェス!
しかも○歳過ぎてからの夏フェス!!
予習もそこそこに(苦笑)、ワクワクしながら行ってきた。

きちんとライブを堪能してきたのは
1日目:電気グル―ヴ・MUSE
2日目:androp ・ 空想委員会 ・ BABYMETAL

ちょこっと堪能 or 流れでなんとなく~ or 疲れて心が折れてしまった…のは
1日目:PEACE ・ The Sumashing Pumpkins ・ KOYABU Sonic
2日目:CHVRCHES ・ MEW ・ Linkin Park ・ METALLICA

見たかったけれど全く見られなかったのは
1日目:MAN WITH A MISSION ・ ZEBRAHEAD ・ CARLY RAE JEPSEN ・ CINDI LAUPER
2日目:Perfume


きちんと堪能できたライブは、やっぱりすっごく楽しかった!!
音楽って、やっぱ好いなぁ…としみじみ感じたもん。

こういうフェスって、やっぱりどんな有名なアーティストでも、
初めて耳にするオーディエンスもいるわけで。
単独ライブで無い以上、
「このアーティストは知らない」という人は、
少なからずいると思うんですよ。
で、どんなアーティストも、
そういうオーディエンスにも解り易いように、
ヒット曲やキャッチーな曲・ノリが良い曲を
セットリストしているんだよな…と思った。
フェスに何度も参加している人は
「そんなの当たり前じゃん!」と言うかもしれないけど、
私としては、そういうアーティスト側の気遣いと言うか、
ステージはそこにいる人全てで出来上がるんだ、みたいな感覚が
単独ライブ以上に強く感じられて、
ちょっとビックリしたというか、
強張っていた気持ちが緩んだような感じがした。



というわけで、ここから感想やメモをつらつらと長文デス(>_<)。
*敬称略です。


電気グル―ヴは、好きなんだけどきちんと聴いたことがなくて(^^;
それでもまだ、まりんが在籍していた頃は
ちょこっと聴いていたのだけれどσ(^_^;。
初ライブ!!でワクワク度が半端なかったな(笑)。
で、やっぱりすっごく楽しかった!(^-^)!
体力と相談しながら(苦笑)も、音楽に身を委ねて躍ったし!!
SHAME・SHAMEFULは好きなので、さらにテンション上がったわ。
ガリガリ君では全体で連呼したしw
ピエール瀧はバケツの水を観客に向けて放ったり、
卓球と共にオーディエンスを煽ったり!!
くぅ~~、単独にも行ってみたいなぁ!
で、虹を堪能したいww。



The Sumashing Pumpkinsは
PAの少し後方から見ていたんだけど、
暑さのせいかな?
なんか、演奏にハリが無いというか。
ちょっと手を抜いてるのかなぁ…??
なんて感じてしまって、途中で抜けちゃったんだよね…。
後に知ったんだけど、「ミスチル地蔵」現象があったらしく…。
そうだったのかぁ…。



MUSE!!
初MUSE!!
これはもう、文句なしに楽しみました!!
堪能しました!!
そもそも、MUSE目当てですから!!!

聴いた位置はPAの真ん中から前の方だったので、
そんなにステージから近くなかったんだけど。
それでも、周囲の人たちも存分に堪能していた(はず)!!
私の左横の白人のオジサマはネイティヴな発音で歌いまくっていたし、
右前のお兄さんは縦乗りでガンガン動いてた!!
私も音楽に身体を委ねて、ありのままに動いたわ!

演出も凝っていた…と思う(屋外のフェスとしては?)。
ライトと曲のシンクロはもとより、
モニターの映像は、私的には意外と興味深かったです。
宇宙や、その中に含まれる地球、というものを感じたんだけど。
GTISの冒頭で文字がザァーと落ちてくるものを連想させる映像とか、
SPECの主人公が書道で真実を見つけるときに似た映像とか。
舞台に設置したモニターの中で動くモンスターが
宇宙に浮かぶ地球をバックに、曲とシンクロして踊ったりした。
さまざまな色の線が重なって、形でない形を成していく様は、
神経系統(感情)の動きかなぁ?なんて空想したり。
物質的な世界感よりも、意識的なそれを感じたんだけど、
気のせいかなぁ…??
それと、大きなロボットが出てきた!!。
いまどきの、SFアニメに出てくるようなタイプではなく、
昔のブリキのおもちゃにありがちな、四角いロボットww。
写真撮りたかったな…。

つらつら書いたけど、とにかく堪能しました!!
腕を振り上げ続けるのがキツイ年齢になったんだな…と
少し凹むくらい(*´-Д-)ハァ=3に。



すっごく期待!していたわけでもなかった
(すげぇ上から目線だな…スミマセン)枠の中では、

殊にandropがめちゃくちゃ良かった!。

予習で聴いていた時は、声がイマイチ…だったんだけど
(演奏はガチで好み!!ベースとドラムが好き好き~~!!)、
ライブだと声も意外にすんなり体に入ってきて、好いなぁ~!!と思った。
なんで、こんなに早い時間の枠なのか、不思議だ。
もっと大きいステージの後半の枠でも良いのでは??
彼らの曲が、ドラマ?か何かの主題歌に起用されているみたいで。
ということは、
andropをあんなに直近で見られたのはすごくLucky!!っつーことだ。
起用された影響も多少あるかもしれないけど、
おそらく、もっともっと売れていくだろうから、
今後のライブ会場では、こんなに近くで体験することは無理だろうなぁ…。
良い経験をさせてもらったわ~(*^-^*)
ぜひとも、単独ライブに行きたいわ〜!。



androp 終了後に実感したことが。
朝一だけど、やっぱり昨日の疲れは体に出ていて、
自覚症状もあったんだけど、
体をほんの少しほぐしてもらったおかげで、
腕を振り上げ続けるのも、体を動かすのも、
だいぶ楽になったなぁ…と。



空想委員会は、Aさんが言っていたように
「アジカンとサカナクションの中間」ww。
予習の段階で耳にしていれば
「あ~~。これはアジカンだなぁ…」
「こ…この"間"は、サカナクションだよね?!」
みたいな、どこを切っても二番煎じみたいなゆるさが心地よかったりした(笑)んだけど。
でも、ライブではやっぱりきちんとオリジナルを感じた。
この先どこまで行くのか見えないバンドだけど、
ラストに演奏した曲のようなモノを掴んでいけば、
先は長いんじゃないかな~?
なんて…(すげぇ上から目線で、スミマセン)。
Vo. がMCで
「自分、Perfumeさんがすごく好きなんで……。
時間が被ってしまってすいません!」
と言ってたw 。
しかも「俺達のこと、初めて知った!と言う人、挙手!」で、
後方だけでなく、前方にいた人の8~9割が挙手したのには、
ちょっとびっくり。
アイアンメイデンのTシャツ着た白人のオジサマは、
彼らの演奏中、暑い炎天下の中、微動だにしなかったなぁww。
あのオジサマは、ステージを間違えたのな?




BABYMETALは…、……。
予想以上に人が入っていてビックリ!!
前の方では、ダイブ?サーフィン?している人を見かけたくらい、
めちゃくちゃ盛り上がっていた…。
なんていうかな、うん…、
アイドルっつーのに馴染みが無いからさ、
どうしても引いて見ちゃうんだよね…。
でも、やっぱり彼女たち、すごいなぁ!とつくづく思った。
「やらされてる感がヒリヒリする (by Aさん)」けど、
プロとしてこなしているのは、本当にスゴイと思う。
初めてPVを見たときはヒィィッ!!(>д<ノノ) と
鳥肌がガンガンに立つ&爆笑しすぎて、
とても直視できなかったんだけど。
あの年齢でメタル(じゃないけど)要素を
こなしているギャップが、キュート?なんでしょ??
Perfumeみたいな年齢になると、ただもう「イタイ」だけになってしまうからなぁ…。
Perfume、好きですけどね!!やっぱりちょっと、イタイ感が…キツイかな、と(^^;
その点、BABYMETALは年齢が幼い分、さほどイタイ感を感じないかな…?



疲れと暑さで心が折れてしまったLinkin Park。
今でもちょっと後悔…。
そもそも、SonicStageで演奏していたMEWの音で寝ていたら、
開始に間に合わなかったんだよね…。
暑い中、人が多くて移動はちんたら遅いし、眠気で頭はボーッしてるしで、
ようやくステージに入っても、後方過ぎて、イマイチ…。
で、2曲くらいで心が折れてしまったという(_ _;)
食事もまともに摂れていなかったので、
LPとCTで人がステージに集中している間、ガッツリご飯食べてました…。


METALLICAはね、単純に「スゴカッタ」!!
というのも、メタルは聴かないので、
正直あの迫力と演奏力の高さ以外は、よくわからないのです…。
メタルとハードロックとプログレの区別もつかない位、
ある意味"品が良い優等生"(っつーか、単純なだけ)なので(汗)。

メタルと言えば、音楽とは別の、強烈な思い出が私にはあって。
どうしても、その思い出の方が、音楽より先に浮かんでしまうんだよね。
私にとって、メタルとかハードロック?は、まさに80年代。
Def LeppardのアルバムHysteria以外まともに聴いたこと無いけど、
バンド名だけはいろいろ知っていたりする。
しかも、代々木あたりのライブにも、少しは行っていたのだ(笑)。
もう、遥か昔の話だわ…。

…話が逸れた。
RyGのアルバムで初めてOrionを知って、
正直、今回もOrionが聴ければ良いなぁ位にしか考えてなかった(汗)。
でも、始まってみると凄くて。
体がね、METALLICAの音から動けなくなっちゃうような感じ。
さすがだなぁ~と。

でも、途中で抜けたわ(汗)。
Orionは演らないな、と見切りをつけて。
なぜなら、帰りのバスに、時間がとられるから。
翌日も予定があったということと
メタルはそんなに思い入れがないということで、
途中で抜けて、バスに乗車。
たいして待たずにバスに乗れたのは、ホントに、心底ホッとしたよ…。



SummerSonic以降、なんだか音楽…、
殊にライブに行きたくなってる(笑)。
生の音楽を身体で感じたいよ~!!と。
今の10代、20代が心底羨ましくなっていたりもする。
だって、その位の年齢って、好きなモノに突進できるじゃない。
周囲も似たような年齢だしさ。
体力も余裕であるでしょ。
何があっても若い頃には二度と戻りたくはないが、
今の若い世代が、ガチで羨ましく感じられる、SummerSonicでした。

いや、それ以上に楽しかったけど!! オオォォヽ(゚`∀´゚)ノォォォ♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。