スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PERFORMANCE 2013


前回に続いて、山下達郎さんのLIVEに行ってきた。


私のように「達郎さん一筋!!」みたいなファンでなくても
楽しめるセットリスト、
凝った舞台セット、
高い演奏クオリティ、
何より、山下達郎さんの持つ力、
その他諸々の総て、優しさと厳しさに包まれて、
言葉に表現出来ないモノに浸っていたわ...。
2時間くらい経った頃、
胸骨の当たりがね、ゆるゆると解れる感覚があった。

「この場所に来られるのは、今日で最後かもしれない。
 だったら、今出来る、最大限のことをやろう。
 そう思うと、あれもこれもと長くなってしまう」
毎回毎回、この意識で舞台に臨めるアーティストが、
現在の日本でどれくらいいるのだろう?

励ましてくれたり、
同調してくれる
(いずれもそのように受取ってしまうのだが)
音楽は数多あるけれど、
達郎さんから受けるモノは、ちょっと異う気がする。
達郎さんの音楽(LIVEでもCDでも)を聴いてると
どんな状況であれ、「進もうかな...」という意思が湧いてくる。
ポジティブな意思が自然に起こる音楽って、
個人的になかなか少なくて、貴重だ。

もう、何度も書いているのだけれど、
音楽が持つ力、というより、
人間が持つ力、というのは、
凄い!モノなのだな、と感じる。
山下達郎さんのLIVEに行った後に
andropを聴いても
「....まだ若いよなぁ」と感じるのは、私だけだろうかww


今回、始まってみて、「あれ?」と思った。
なんか、今までと違うような....。
調子が良くないのかなぁ?と。
いや、でも、別の視点から見ると今までと変わらないフィーリングだし...。
初めの30分くらいは??と思ったけど
これは、どうやら席に因るものだったらしい。
コンサートホールでもLIVE会場でも
音の聴こえ方というか、音の届き方(響き方)って
席(場所)に影響される。
だから、“音が良く届く"席が欲しいのだけれどww
コンサートが終わった帰り道、
「最後方の席だったから、音圧が届かなかった(?低かった)ね。
最後方だと音が後ろの壁に反射するだけだから、音圧を上げても...ね」
と教えてもらえて、納得。
私が感じた違和感はそれだったのかぁ...。
っつーか、この程度のホールでも、差が判るほど違うのか?!とちょっとビックリ。


今年の5月にはチケット代を払い込み、
9月30日に発券。
席を見た時は「やった!!1階席だ!」と
思ったのも束の間、一番最後列、左端..........。
どうやったら、望む席を取れるのだろう...。
前回の方が、遥かに良い席だったわ...。

というわけで、山下達郎さんのLIVEには、
ベストの席を取れるまで、今後も行くわ!!。
....いや、行く理由はこんなもんぢゃないんだけどね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 
・・・さん、コメントありがとうございます。

なんつーか..........
「頑張ってくれ、若いうちは」
としか、言いようがない........。

使用している(た)曲を記載してほしいなぁ...。
それ以外、求めるものは今のところ無いっす(^^;)
まずはLから

http://jeffnishi.blogfit.jp/

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。