スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

one-man live tour "period"




2014年8月30日(土) ZeppNagoya

andropのツアー初日に行ってきた。
開演1時間前に、前回のツアーグッズであるタオルを紛失(限定商品)。
落としてから数秒も経っていない内に気付いたのに、どこにも無かった.....。
ホント、何も無い、誰もいない通路で落としたのに、跡形も無く紛失.....。
すげぇショック....。・゚・(ノД`)・゚・。
結構フラつくぐらいの衝撃で、かなりモチベーションが下がってのライブだった...。
なんで無いのだろう...??
不気味だわ。
翌日、関係しそうな店舗や主催者に問い合せるも全滅; (ノД`)シクシク;



前回は2階席だったので、今回は1階スタンディング。
整理番号はCブロックの...50番台だったかな。
すぐさま、 PA付近の、ステージど真ん中を確保。
本当は後ろの柵に寄りかかりたかったんだけどw、
無理だったので右横の柵に寄りかかりながら観賞。

やっぱりオーディエンスが若いよね。
で、女の子が多いね。
なので、背が高かったり、ガタイが良かったりする若い男の子が少ないから、
スタンディングでも比較的ラクに観られた。
でも、私の後ろの男女のグループは、「前が見えない」とか言ってたけど。
うるせぇーな。
観たいなら、Aブロック10番台のチケット取れよ。
もしくは、割り込んで前に進むくらいの気合いを見せろ。
そんなことも出来ないくせに、
自分の身体特徴をわざとらしく嘆くなよ、バカが。
と思ったので、わざと背伸びしたり、飛び跳ねたりして上げたわwww

ええっと。
前半のセットリストの方が楽しめた。
ただ、なんというか、場繫ぎが出来てないよね。
無言でセッティング変えたりするから、「何これ?学祭か?!」と思っちゃったわww。

音もバランスも、前回の2階席よりも1階PA付近の方が全然良い。
(でも、TRICERATOPS(@窓枠)の方が、段違いで良かった。音以外でも段違いで良かったけどww)
なにより、演出(ライティング)が2階席よりすごく楽しめた。
背景に映像が流れる演出では、昨年のサマソニのMUSEを憶い出して
MUSEのライヴに行きたいなぁ....と切なくなったわ、演奏中だったけど。
ライブハウスツアーとしては、演出は派手だよね?
だって、空想委員会では、こんな洗練された演出は無かったしww
(比べるなって。)

アンコールでは佐藤さん絡みで、おかざえもんが飛び入り参加。
演奏を始めるも、内澤くんが
「笑って演奏出来ない」と早々に仕切り直したり。
そんなこともあってか、「今までに一番長いライブでした」とのこと。
これくらいかなぁ...。

そうそう、andropって、
物販セールストークとか場繫ぎトークみたいなのって、
ギターの佐藤さんが担当なんだね?
セールストークなんて、内澤さんがやった方が効果的じゃね?
そんなトークはしたくないってか?→ストイックだね....。
だから、自分が造った音楽についてだけ語りたいのかな。

関連記事
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。