スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなん観ました 23

LUCY

個人的に興味があるテーマなので、そこそこ楽しめた。
こういうテーマって、行き着くところは似てくる...というか同じだと考えているので、
その過程がどんなドラマなのかも興味がある。

残ったセリフは
『”死”はない』
『私はどこにでも偏在している』

残った描写は
・LUCYが形態の電波を探してつかむ場面。
攻殻っぽいな....と思ったのは私だけだろうか...
(タチコマが存在する電脳空間から視ると、こんなんかな?って思ったの)
あああ、こういう風に視えて、処理できるんだ...。
・病院から出たときの、周囲の後継の見え方。
おそらく、ああいう感じで見えるんだろうなぁ、とか。
・LUCYが手術台の上で電話した先が実母。
やっぱり、家族なんだね。
・ラストに実体が消えてしまう
GITSですな。

尺が短すぎるのか、
展開が唐突すぎるというか、取って付けた感が否めなかった。
キャラクターに深みが足りないような...。
うーん...もう少し人物や流れに深みというかドラマが描かれていれば、良かったのかなぁ?
”使われていない脳に、どれくらいアクセスするとこうなる”というような
説明だけになってしまったのが、残念。
Aさんは「人間離れしていて、トンデモな内容だった」と言ったけど。
所詮、人間が持っている想像力ってのは”在るモノ”として捉えているので、
個人的には、そんなにトンデモなモノでもなかっな。
ま、アヤシい話題が好きなだけかもしれんけど。
それとなんだっけ?「欧米人はアジアの描き方に偏りがある」みたいなことも言って、
あ~~、確かに偏りがあるけど…、今回はそんなに違和感がなかったんだけど…。
韓国マフィアがなぜ台湾で犯罪を、とか?
それは多分、国際展開をしているだけなのかな、で納得しちゃったしw
むしろ、初めは中国語だったよね?後半、いきなり韓国語になったよね?と思っていたら、
「初めから韓国語だった」って…そうなんだ…。
韓国語と中国語の違いが判らないおバカは、私だけだろう…。


ARISE Border:4
あまり集中して観ることが出来なかったのだけれど(T-T)
シリーズの中では、一番好きだな。
この脚本が最初に出来上がったとのことで。
じゃ、最初からサイトーさんは、寝てばかりいたんだね...(T-T)
.....ここぞと言う時、スナイパーは尋常ならざる集中力を発揮するために、どこでも寝めるんだよね?!
単に「面倒くさい」からぢゃないよね?!

少佐とバトーさんが銃を投げて交換し、的を撃ち合うシーンとか。
『後ろは俺に任せろ』って、ここからなの?!みたいな。

ブリキ娘とカカシ男の、自我を形成するモノを棄ててなお、
その先を二人で生きていこうとする姿とかね、
せつなくて美しいなんて思ってしまった。
そこかしこにGITSを感じる場面があって、ワクワクしたわw
来年は劇場版が?!

余談だけど。
最近、沢城さんのスキルに鳥肌が立つ思いをしてる。


シンプル・シモン
なんていうか、アスペルガー症候群をとても好い感じに描いてるかな?と思った。
いや、アスペというより、アスペの人を取り巻く人物が、好い人過ぎて、ファンタジーだわw
色使いとか、デザインとか、演出とか、女の子の心をくすぐるんじゃないでしょーか。








ここから先はアニメだよ。

えっと、春夏からだいぶ時期が過ぎたので、憶えてる作品だけ。
*重複してるかも...ま、いーか。

月刊少女野崎くん
9月までのアニメは、これです。
これしかない!!!。
毎週、すごく楽しみだった!!
千代ちゃんの可愛らしさと、冷静なツッコミとかwww。
健さんの、常識的なツッコミとかwww
結月の、空気を読まずに我を行く姿勢が、カッコイイよ!!ww
なにより、みこりん〜〜〜wwwwwww
みこりんの安定したオモシロさには、思い出すだけで笑ってしまう。
おかしいなぁ...岡本さんには、ハイキュー!!のノヤっさんが格好良過ぎて、胸を射たれたのに....。
みこりんには、すなおに笑ってしまうわ....。
でも、これも1期で終わり....悲しいわん,...。
どんなに辛い状況でも、野崎くんがあると思えば、乗り越えられたのに。
10月からどうやって心のバランスを取れば良いのか...。
DVDが本気で欲しい。


東京グール
宮野さんのキチガイ演技が素晴らしかった!!!
一番に思い出すのが、月山の狂った衝動だもん。
凄いわ...と本当に思った。
で。
1期でどうやって落とすんだろう?と思ったら、えらい中途半端に終わったよね...。
原作はだいぶ前に2巻までしか読んでないので、
アニメとの違いがわからないけれど、だいぶ詰めたりしたようで...。
でも、面白かった。
最終回の、金木の覚醒前と覚醒後の、花江さんの演技も好いな。
全体に作画も乱れなかった(多分)し、
最終回のヤモリとの戦闘も動いてた...と思う(よく憶えてない)。
これ、2期があるような終わり方だったけど...?


スペース☆ダンディ
上条淳士に似てるなぁ?!パクリか?!と思ったら、まんまだった...。
ビックリだよ。驚いたよ!!
で、すごく懐かしくなって、何度も観返してしまった。
To-y、ホントによく読んでたもんなぁ...。
全巻揃えてたし、学校に持っていっては読んでたなぁ...。
かんちがいロンリーナイトなんて、もう...。
諏訪部さんって、歌えるんだ...ということにもビックリ。
悲しみの無い〜も画がすごく綺麗だったし、ファンタジー哲学っぽいのもおもしろかった。
好きだなぁ...。


ばらかもん

おもしろい。
なんか、いーなー、こういう、島の人々との生活....。
EDの曲がバリ好み。すごく好き。


ハイキュー!!

これは、原作をずっと読んでいて。
原作がホントにおもしろいからね、アニメになって原作の良さが減るのはイヤだな...と思ったんだけど。
凄く巧く作品にしたなぁ...ってビックリした。
作画もほとんど崩れなかったし。
高校生男子の、青臭さとか真っ直ぐさ、
カワイイ部分なんかがきっちり観られて、良かったです、はい。
リベロの西谷くんが、すげぇカッコイイ。
マジで。まじで、惚れるわ。
ストーリー的にはあまり絡みが無かったのが残念だけど、だからこそ、
ここ一番というときの西谷くんの男前な姿勢に、グッと来た。
それと、沢村くんはホントに高校3年なのか...?と思うくらい、大人だよ...。
声優さんも、揃ってたし、2期があれば確実に観る作品。


アカメが斬る
勧善懲悪の、判り易いストーリー。

Re:ハマトラ
OPの曲が好き。


ピンポン
これは良かった。
今でも、観返したいなぁと思うことがあるわ。
なんていうか、一人一人が抱え持つモノを巧く表現していて、それが心に残るんだよね。
読んでないけど、きっと原作が素晴らしいんだよね。

シドニアの騎士
分割2期だからね...。
なんか、静かな雰囲気がする1期だったな...。
CGだからかな...なんか、土臭い感じがしなかったな。

残響のテロル
未だ、観終わってない。
ハイヴが出てくるまでは、おもしろかったんだけど...。
こういう素材は4期ぶっ通しでじっくり観たかった気もする。

アルドノア・ゼロ
未だ観ていない....。
分割2期だしね、全部録画してから観ても良いかな、と。
何より、劇伴音楽が、すごく楽しみ。すごく期待してる。
澤野さんの迫力がある(少し大げさ?)音楽、けっこう好き。
脚本よりも楽しみだったりする。
おそらく、予算も潤沢にあるだろうから、崩れることもないだろう...と思う。


他、Free〜E.S〜、グラス・リップ、キャプテン・アース、信長協奏曲。




10月からは...取りあえず
チャイカ、テラ・フォーマーズ(期待。原作も好き)、
曇天に笑う(原作が好き)、コックリさん、寄生獣(今さら...?)、
サイコパス2、蟲師...と、これらは外さずに視聴予定。
シドニアの騎士とアルドノア・ゼロは来年からなのかな...?
関連記事
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。