FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェフ〜三ツ星フードトラック始めました〜 こんなん観ました 26


シェフ 三ツ星フードトラック始めました

観てきた。

いやぁ、おもしろかった!!。
久しぶりに、後味が良い映画を観た気がするわ~。

主人公カールの、揺るぎない価値感と
自分の仕事に生き甲斐と情熱を持っている強さに、
心がス~ッと清々しくなる。
料理の手さばきにラテンのリズムが心地よく叩き付けきて、
思わず貌が緩んでしまう。
体も揺れてしまうww
珍しくサウンドトラックをチェックしたいと思ったわ。

出てくる料理がいちいち美味しそうで、いや美味しいはずだよ。
だって、カールが作る料理は人に喜んでもらうこと=自分のために作る料理、でもあるのだから。

SNSがいかにビジネスに影響を与えるかが、視覚的に判るのもおもしろかった。
カールがSNSはやっていない=あまりその重要性を理解していない、というのも親近感があり過ぎww
SNSのせいで失業し、再就職もできずにいたけれど、
それを逆手に取ってフードトラックで成功していく過程は、
私にとっては少し怖いような気がした。

アイネズ(別れた奥さん)も、カールに助言したり援助したり、良い人だなぁ(美人だし、スタイルも抜群だ)。
というか、登場人物全員に、イヤな奴が一人もいなかったのが、ちょっとビックリ。

フードトラック開業一日目は、手伝ってくれた人たちに無料で料理を提供するんだけど、
その時に息子パーシーがキューバサンドイッチを焦がしてしまう。
カールが注意すると、パーシーは
「どうせ無料なんだから良いじゃない」と言い放つ。
あ~~、働くってことが、どういうことか知らない人間の発言だなぁ。
(汚いフードトラックを磨き上げるときも、
 パーシーは料理人は食材を調理する事だけが仕事だと勘違いしていたし。)
カールがなんて言うのか?と興味津々で観ていると
「料理は俺の人生最高の喜びだ。お客さんが笑顔になるとパパも元気になる。お前もきっとそうだ」
(多分、こんなような内容)
パーシーが素直にうなづくと、カールは
「あの焦げたキューバサンドは出すか?」と訊く。
「出しません」と胸を張って言う姿に、カールは喜んでパーシーと厨房に戻った。
いいお父さんであり、良いシェフだなぁと思った。
だから、以前働いていたレストランで、2番手に昇進したマーティンは、駆けつけてきたんだ。
そうそう、オーナーと揉めて出て行くときも、
残るトニーの力になってやれ、とマーティンを店に残して出て行く姿が、カッコ良かった。
バーでトニーに祝福するのも、
駆けつけてくれたマーティンに「折角の昇進を無駄にするなんて」と気遣う姿も。
でも、このマーティンがいなかったら、フードトラックは起動しなかっただろうし、
パーシーがいなかったら、こんなに成功しなかっただろうなぁ。

物語を外側から観ていると、
批評家の評論も、
レストランのオーナーの主張も
シェフの主張も、
誰も何も間違っていないことが判るのも、おもしろい。
カールが、自分の仕事を批評で傷つけられ、オーナーとの話し合いも上手く行かずブチ切れてしまう。
これは、本当によく解る。
フォンダンショコラを前に座っている批評家にブチ切れるシーンは、
本当に胸がスッとしたわww
もっと言ってやれ!!!
あんたが正しいと信じる価値観を見せつけてやれ!!と思ったもんww

そして何より。
この映画はエンドロール最後まで観るべき。
カールがパーシーのために作るグリルドチーズサンドを撮影する前に、
フードスタイリスト?がジョン・ファヴローにレクチャーするショートフィルムが流れる。
これが、すごく良い。
「あまり手をかけ過ぎてはダメだ。あくまでも状況を観察するに留める。
 目の前のサンドイッチだけに集中するんだ。世界にこのサンドイッチ以外は何も無い。
 成功すれば世界が救われるし、失敗したら世界が終わりだ」
(多分、こんなようなことを言っていた)

CSで放送されたら、また観ると思う、必ず。

CHEF [ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK]
規格番号:9903.99569
sChef_INT_Cover_RGB300_1440px.jpg











【収録曲】

Pete Rodriguez / I Like It Like That
Courtney John / Lucky Man
Grant Phabao, The Lone Ranger and Carlton Livingston / A Message To You Rudy
Liquid Liquid / Cavern
El Michels Affair El Michels Affair / C.R.E.A.ML
The Martinis / Hung Over
Roberto Roena / Que Se Sepa
Louie Ramirez / Ali Baba
Gente De Zona / Homenaje Al Beny (Castellano Que Bueno Baila Usted)
Quantic & Nickodemus / Mi Swing Es Tropical (feat. Tempo & The Candela Allstars)
Rebirth Brass Band / Bustin' Loose
Hot 8 Brass Band / Sexual Healing
Gary Clark Jr. / When My Train Pulls In (Live in Austin)
Ronnie Hudson and the Street People / West Coast Poplock
Perico Hernandez / Oye Como Va (Live at el Jefe)
Perico Hernandez / La Quimbumba (Live at el Jefe)
Lyle Workman / One Second Every Day

WARNER MUSIC Japan
関連記事
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 月夜を詠む 風を観る All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。